鳥人間コンテスト滑空機部門出場サークル

Vol.1 MAHITO.F

どうしてMaPPLに入ったの?

主に三つの理由からです。

一つ目は、高校のときに文化祭で演劇をやったんですけど、そのときに感じた「みんなでひとつのことに取り組む楽しさ」的なものを大学でも感じたかったから。二つ目は、「鳥人間コンテストに参加できる機会なんて、そうそうあるものじゃない。大学時代でしかできないことじゃないか」と思ったから。そして三つ目は、すばらしい先輩方ばかりだったこと!

MaPPLではどんなことをしていたの?

FEA13specの胴体班長をしていました。飛行機の胴体部分にあたる、フェアリングというパーツや、飛行機先端の風防(キャノピー)を製作していました。

自分は文系だったので、班長なんかできるかどうか不安でした。でも、先輩方や仲間のフォローのおかげでやりきることができました!

MaPPLでの活動を通して学んだことは?

IMG_5329_original仲間の大事さ、ですかねー。

一人じゃ絶対にできない!っていう作業も、班員だったりみんなで協力すれば、できちゃうものなんですよね。

そのときの達成感はひとしおですよね。あと、モノ作りの楽しさ!自分でもこんなの作れちゃうんだ、っていう喜びはクセになりました(笑)

感動した、印象に残ったことは?

鳥人間コンテストの際に、自分達の作った機体が琵琶湖の空を飛んだときの景色は、世界で一番綺麗なんじゃないかな!自分は、達成感やら感動やら色々こみあげてしまって、飛行機が飛ぶたびに泣いてます。(笑)この景色を見るためなら、どんなに辛くたって頑張ろうって思えますよ!

最後に未来のMaPPLerにひとことお願いします

不器用で、物理とかわからない文系の自分でも、MaPPLは楽しめるサークルでした!だから、何事もやってみよう!という人であれば絶対に素敵な経験ができる…そんな団体だと思っています。琵琶湖で、最高の景色を見る仲間に出会えることを楽しみにしています。

PAGETOP
Copyright © 首都大学東京 MaPPL All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.